読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rock And Roll All Night☆

ハードロック・へヴィメタルの復活叙事詩

栄光のFoolin'Band

どうも!

 
 
 
最近マヨネーズが使い方によってはチーズっぽく感じるコトに感動した男Saraです
 
 
 
あれってたしかミルクの類は入ってなかったはずなんですが人の味覚って不思議ですよねぇ
 
 
 
ほかにも麦茶と砂糖と牛乳でコーヒー牛乳だったり
ホットミルクとたくあんでコーンスープだったり
バニラとしょうゆでいくらだったり等人の味覚というものは様々な変化を生み出すので
なかなか興味深い概念ですね☆
 
 
 
とまぁそんな話はさておき
 
 
 
やってまいりましたレビューVol2!!
 
 
 
さて、前回の終わりにワシが書いたまとめ文

f:id:Sara5150:20160713000550j:image
 
 
これを見てピンと来ますでしょうか
 
 
 
相手が相手だけに星のかずだけフォロワーがいますが
 
 
 
今回は特にKiss ArmyRock Starを紹介します
 
 
 
C'mon  Anthrax!!!
 
 
f:id:Sara5150:20160713010917j:image
 
 
 
いわずとしれたBIG4(スラッシュメタル四天王)の一角!!
 
 
これまたしびれる1枚です☆
 
 
 
従来のヘヴィメタルというかはスラッシュ調のザクザクとした刻みや疾走感のある躍動的なリフからはガンズアンドローゼズモトリー・クルーなんかにも見られるようなニューヨークパンクの面も感じさせるようなスタイルが特徴的ですね
 
 
また、BIg4のなかでも比較的バカ騒ぎさせる様な激しいパフォーマンスを得意としており、HIPHOP界の重鎮パブリックエナミーとのコラボなども行っており、現代盛り上がりを見せているラップを用いたラップメタルミクスチャーロック
重みとキレを意識し、キャッチーに仕上がった曲調のニューメタルなどの発起人だとも言われており、後のRockシーンに多大な影響を与えたビッグバンドです
 
 
どうでしょうか?
 
 
 
ここまでくると何か共通点に気づきませんか?
 
 
 
コラボ、パフォーマンスが有名でパーティスタイルで後のシーン大きな影響を与えた…………
 
 
 
KISSに似てる!!!!!
 
 
 
これは偶然なのかはたまた??
 
 
 
それじゃバンドの詳細にいってみよ~☆
 
 
 
 
f:id:Sara5150:20160713091705j:image
 
 
スコット・イアン Gt
チャーリー・ベナンテ Dr
フランク・ベロ Ba
ジョーイ・ベラドナ Vo
ジョナサン・ドネイズ Gt
ジョン・ブッシュVo
 
1980年代初頭より活躍するアメリカ合衆国ニューヨークシティ出身のヘヴィメタルバンド
アメリカ合衆国におけるスーパーヘヴィメタルバンドのひとつとして知名度は高く、上にあげたようにメタリカメガデス、スレイヤーらとともにBIG4と称される
 
現在までにスタジオアルバムを9枚、シングルを23枚、ライブ、コンピレーションアルバムを計13枚、その他EPやミュージックビデオなども多数公開しており、
2016年2月にも最新作For All Kingsがリリースされています

 

For All Kings

For All Kings

 

 

 

音楽的特徴について
 
 
アンスラックスの特徴として挙げられるのは
・リフレインを意識した曲調
・ダウンピッキングの多用した刻み
・VOの時期によってくっきり分かれるスタイル
・高度な演奏能力とオーディエンスとの一体感の強い展開
・パンク、ラップなど他ジャンルとの融合
・ファッション(スコットイアン)
 
そしてここでもでました
 
f:id:Sara5150:20160713192522j:image
御尊顔!!!
 
 
なんというかその、
メタルミュージシャンとは思えない心が暖まる一枚ですね☆
 
 
こんな優しそうなおじさんがあんなブッ飛んだプレイヤーなんだから世の中分かりません(笑)
 
 
さてそれではお次は代表曲をみてみましょう
 
 
 
mad house
 
 
 
gung ho
 
 
 
indians
 
 
 
only
 
 
 
 
the devil you know
 
 
聞いてるとなんだか暴れたくなっちゃいます
 
 
フラストレーション爆発全開です(笑)
 
 
ベラドナ期、ブッシュ期と好みが分かれるかもしれませんがどちらもハイクオリティな仕上がりです♪
 
 
ドラマチックベラドナ
正統派ブッシュ って感じの分け方がいいかもしれませんね☆
 
 
スレイヤーなんかもダークで暴れてしまう曲調ですがパーティスタイルを残しつつキレのある刻みとメロディはまさにアンスラックスならでは!
 
 
ちなみに有名な話ですが
バカ野郎集団アンスラックスの張本人
ギタリストのスコットイアンのギターは通称Not Guitarとよばれ、ご覧のとおりフレットが14フレット以降なくなっており、代わりにドデカいNOTの文字が刻まれています
 
それだけにとどまらず、「どうせ1~3弦使わないからいらないよね」ってな理由で6~4弦までのギターを作ろうとしたこともあると言われているんです
 

f:id:Sara5150:20160714213637j:image
「NOT GUITAR」
 
 
う~~~ん("^ω^)・・・・
 
決して人のコト言えない身分ではありますが言わせていただきます
 
 
あなたはきっとバカだ!(^^)!
 
f:id:Sara5150:20160714203959j:image
 
 しかしながらそんなバカ騒ぎバンドのアンスラックスですが
 
 
KISSにたいするリスペクトはとても強く
1994年発売のトリビュートアルバム
「KISS my ass」では名曲Sheを演奏しております

 

KISS トリビュート

KISS トリビュート

 

 

またこのアルバム以外にもサウンドチェックでKISSのリフを使ったり、love her all i canやwatching you parasiteなど数多くのcoverを公開してます

パンテラスキッド・ロウモトリー・クルーらも相当なkiss armyっぷりが有名ですが間違いなくその上をいくのがこのアンスラックスでしょう
 
ネット上にもたくさんの写真が公開されてますが、どの写真も憧れる少年のような顔をされてます☆

f:id:Sara5150:20160714204154j:image   
 
 
メンバー中もっともKiss armyなスコット御大
 
喜んでる……のかな??(笑)


f:id:Sara5150:20160714204208j:image

 
 
     ハロウィーンパーティにて
↓満足げなお顔がまた決まってますw

f:id:Sara5150:20160714204223j:image
しかもメイクのクオリティがやたら高い!
 
そしてあまり違和もない・・・笑
 
絶対間違いなくいい人だこの人!!
 
 
さて、そんな大のKiss Armyアンスラックスのメンバーが実際にcoverした音源がありました
 
 
はてさてどんなcoverになってるのでしょうか
 
 
 
実際にcoverを聞いてみましょう☆
 
 She 
 
ハイクオリティで愛を感じるcoverでしたね
 
 
ただ演奏するだけのcoverとは違い、自分たちのサウンドを残しつつも忠実に再現している意識がさすがアンスラックスという感じですね♪
 
各パートがちょうどいいバランス、ヴォリュームで纏まっているあたりもこだわりを感じます
バンドとしての安定感もさすが!
 
ワシが彼らをはじめて知ったのは中学3年生のときでしたが、こうして聞き直すと常に革新的でありつつも、しっかりとした技術を裏付けているサウンドでオーディエンスを楽しませてくれる素晴らしいバンドだと改めて実感できます☆
 
 
時代が進むにつれ新しいものを取り入れていくのは難しくなっていきますが、
曲全体の安定感やサウンド、様々な様式を取り入れていく姿勢はぜひ見習っていきたいところですね☆
 
 
という訳でvol2 アンスラックスでした~
 
 
愛すべき永遠のバカノリ集団
少しでも彼らの魅力をお伝えできたならうれしいです♪(*^-^*)
 
 
次回はぜひ一度きいてほしいハードロック・ヘヴィメタルバンドをレビューします☆
 
ではまた☆